当社にとって、お客様とは、クライアントと最終的なエンドユーザーです。クライアントのご要望に応え、より多くのエンドユーザーの心に響くようなデザイン戦略をご提供します。ただ美しいだけのもの、反応が出さえすればいいというもの、そういうものは世の中に出しません。
こうした理念は、当社がマーケティングに精通したデザイン会社であるからこその、最大の特徴と言えます。

また、当社は、国際的デザイン賞である数々の賞を受賞しています。世界中のどのような方にご覧いただいても楽しんでいただけるクオリティを目指してご提案することができるデザイン事務所です。

未だ未開拓の経営戦略「デザイン戦略」

さまざまな経営戦略がある中、今日、最も注目されている経営戦略の一つが「デザイン戦略」でしょう。しかし、多くの企業で、いまだ未開拓ともいえる戦略でもあります。当社には、マーケティングをデザイン戦略に融合させた弊社オリジナルのノウハウである「独自の思考メソッド」があります。それによって、どのような状況においても、有効なデザインを開発することを可能にしているのです。

デザインとアートは違う

アートとは、「自己表現」です。理解されることは重要ではなく、利益とは無関係です。一方、デザインとは、「問題解決」です。多くの人々をこちらの望み通りに動かすための活動です。デザインは問題に対する解決策ですから、デザインを構成する要素には、「なぜそうなっているのか」という理由があります。

マーケティングができてはじめて、デザインができる

デザインとは、問題に対する解決策です。したがって、正しく問題を設定し、正しい解決策を導かなければなりません。そのためには、マーケティングが必ず必要になります。換言すれば、「マーケティング無くして、デザインをすることはできない」ということです。私達がマーケティングを重視している理由はここにあります。

そのため、当社では、クライアントからのオーダーをそのまま鵜呑みにして、デザインに落とし込むというケースはほとんどありません。現状把握、問題の設定という初期段階から、今一度検討を試みることからスタートし、必要であれば、最初のご依頼内容とは違ったご提案をします。そうすることで、クライアントの望む経営目標を達成できる解決策がご提供できると考えています。

中小企業に有効なマーケティング

「デザイン戦略」において、大企業(または競合他社)と私たち中小企業とで、同じような指標を用いていては、目的は達成されないでしょう。差別化、一点集中、陽動戦、奇襲戦、といったチャレンジングな戦略をベースに問題解決にあたることが、「有効な」デザイン戦略を導く指標となります。こうした戦略を用いた実践的なノウハウがあるからこそ、有効なデザイン戦略を導くことができるのです。

世界に通用するデザインを目指します

当社からご提供するデザインは、美しいものであることは大前提として、「『世界で唯一』のもので、さらに、『生活を豊かにする楽しさ』があること」を目指しています。たとえ、ターゲットが地域、年代、性別等で限られたものであったとしてもその理念は変わりません。そういった思想から生み出しているものであるからこそ、クライアントが胸を張って皆さまに「物語」を語りたくなるのではないでしょうか。

実績がすべてを証明します

デザイン戦略のゴールは、売上の拡大、経営力の向上です。それは、極めて困難な道のりです。ゴールに辿り着くことができたかどうか、ゴールには辿り着かなくてもそこに近づけているかどうかは、これまでの実績がその全てを証明します。

Copyright 2017 Latona Marketing Inc. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・文章などの全てのコンテンツについて、無許可での無断複製・転載を禁止します。