ファイルボックスのプロダクトデザイン、ネーミング開発(Theodorus)、ブランディング

本プロジェクトにおいて、当社は、ファイルボックスのプロダクトデザイン、ネーミング、ロゴデザイン、ブランディングなどを担当しました。

当社がネーミングした「Theodorus」は、最先端の技術を用いて、航空宇宙部品などの精密部品加工を行うクライアント企業である株式会社エステック(静岡県駿東郡清水町)が展開するステーショナリーブランドです。

「Theodorus」は、西洋美術史において最も有名で影響力のある画家、フィンセント・ファン・ゴッホを生涯に渡り精神的・経済的に支え続けた弟の名。兄フィンセントにとって、それは、地球にとっての月のように、極めて密接で重要な存在であったに違いありません。時には影でビジネスを支え、時には主役となってインテリアに花を添える本製品の役割は、テオドルスのフィンセントに対するそれと重なります。

このファイルボックスは、3個並べると半円形となる特殊な形状で、かつ、中面にも印刷を施すことで、これまでに類を見ない革新的な商品となっています。私たちの調査では、段ボールを使用したファイルボックスで、半円形の形状のものや、表裏の両面に印刷が施されたものは存在しませんでした。

商品には、ブランドを代表する宇宙シリーズの月と地球、フルーツシリーズのスイカとオレンジの合計4種類があります。これによって、航空宇宙産業に携わるクライアント企業の事業内容とリンクさせており、シンボルマークにも、ゴッホの代表作のひとつである「星月夜」に描かれた月をモチーフとしたデザインを施してあります。

外からも中からも実物に近く見えるように、形状や配置を何度も微調整しました。さらに、使用している画像は、月や地球を含めすべて実写のものを使用し、月と地球に関しては、平面の実写画像を3Dモデルとしてレンダリング出力してから使用しました。(月と地球の画像は、米国NASAが提供するの実物の画像を正式な使用許可を得て使用しています。)

amazonでご購入いただけます。

Copyright 2018 Latona Marketing Inc. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・文章などの全てのコンテンツについて、無許可での無断複製・転載を禁止します。